読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリクロ雑記

24歳男性大学院生のブログ

SO-02GをSoftBankのiPhone 5/5s用SIMで運用して2ヶ月経ちました

アメリカでAT&TプリペイドSIMを挿してXperia Z3 Compact (SO-02G)を2ヶ月半ほど使用していたのですが、すっかり手に馴染んでしまってiPhone 5sを全く使わなくなり、サブ回線として契約していたdocomoを解約して、メインで使っていたSoftBankiPhone 5/5s用SIMを挿して使うようになりました。

 

エリアの品質的にもdocomoを使いたかったんですが、いつも使い続けていた電話番号が変わるのにはやはり抵抗があるので、端末の割賦が支払い終わる10月まではSoftBankを契約しつづけようと思っています(というかもう今月ですね)。

 

docomo端末をSoftBank SIMで運用したいドM人はそうそういないと思いますが、とりあえずここに備忘録として書き記しておきます。

 

 

目次

  1. SIMロック解除
  2. APN設定
  3. 使用感
  4. 問題点
  5. まとめ

 

1. SIMロック解除

 

SIMロック解除は、2015年5月以前に発売された端末であれば、ドコモショップで約3000円でやってくれるんですが、それ以降に発売された機種は無料で行える代わりに購入後180日経たないと受け付けてもらえないなど、いくつかの条件があります。

 

SO-02Gは2014年11月に発売された端末なので、ドコモショップで有償でロックを解除してもらいました。

 

www.nttdocomo.co.jp

 

 

 

2. APN設定

 

SIMロック解除が済んだ後は、SIMを入れてAPNを設定します。

 

 

iPhone 5/5s用SIMのAPNは、

 

APN:jpspir

ユーザー名:shirobit

パスワード:amstkoi

MMSC:http://mms/

MMSプロキシ:smilemms.softbank.ne.jp

MMSポート:8080

MCC:440

MNC:20

認証タイプ:PAP

APNタイプ:default,supl,mms

 

 

と設定しました。数カ月前に設定したので、どこの情報を参照したかは覚えておらず…スミマセン。

私の環境では、いまのところなんの問題も起こっていませんが、自己責任で…。

 

この設定を行ってから、再起動をします。

 

最初は不安定になると思いますが、気長に待ちましょう。LTEかH+(3G)の表示が出ない場合は、なにか設定が間違っている可能性があるので、もう一度確認してみてください。

 

 

3. 使用感

 

2ヶ月ほど経ちましたが、なんだかんだで結構使えてます。

LTE、3Gとも2.1GHzの電波しか受信できないのは不安でしたが、東京などの都市部で使用する分にはそれほど問題にはなっていません。

 

ソフトバンクWi-Fiスポットのアプリや、純正メールアプリもインストールすることができ、使用することができています。

 

いままでiPhone 5sAndroid(SO-02Gの前はHTC J butterfly)の2台持ちで運用してきましたが、1台にまとめられるのは良いですね。

個人的には、カスタマイズもしやすく、カメラの画質と音楽再生時の音質が良く、おサイフケータイも使えて、画面が程よい大きさで持ちやすい点はとても重宝してるので、6年間使っていたiPhoneを卒業して、Androidに完全移行しようと思っています。

 

 

4. 問題点

 

しかし、docomo向けに作られた端末をSoftBankのSIMで無理矢理運用しているので、いくつかの問題が生じています。

 

  • VoLTE / HD Voiceが使用できない
  • ダイヤルに失敗することが何度かある
  • プラチナバンドが掴めず地方では致命的
  • MMSがうまく受信できない
  • GPSの精度が良くない
  • テザリングが使用できない(対策可能)

 

VoLTE

VoLTEに関しては仕方がないですね。キャリアによって仕様が異なりますし、そもそも5sはVoLTE自体に対応していなかったので。HD Voiceは、Xperia A4(SO-04G)のROMを焼いたらできたとツイッターで報告されていましたが、LollipopにアップデートしたSO-02Gでは通常の3G通話のみが可能となっています。

 

ダイヤル

ダイヤルが失敗する原因はよく分かりませんが、2回目かけようとすると大抵つながります。

VoLTE絡みかなと思い、通話設定でVoLTEをオフにしてみましたが、それでも直りませんでした。最近は失敗することが減ったのですが、Lollipopの最新アップデートを適用したからかもしれません。

 

プラチナバンド

プラチナバンドは地方でいかに重要か痛感しました。

8月に新潟の越後妻有に行く用事があったのですが、プラチナバンドを掴めるソフトバンク端末を持ってる人たちはつながっていても、俺の端末はつながらないということが多々ありました。

まぁそれでも、宿泊先ではプラチナバンド対応端末でも3Gしかつかめない上に、30秒のツイッターの動画を読み込むのに1分以上かかるほどのクソっぷりでしたけどね。

田舎で使う人は特に注意が必要です。

 

MMS

MMSが受信できない理由もよく分かりませんが、Lollipopにアップデートしてから頻度が増えた気がします。

HangoutsなどでもMMSを受信することは可能ですが、SoftBankが提供しているメールアプリを使うのが確実です。使い勝手はあまりよくないのですが、Wi-Fi環境で受信できるように設定することが可能です。Wi-Fiで受信する分には特に問題はないですし、LTEでも受信できることはあるんですが、原因はよく分かっていません。

私は9割がメルマガなので、それほど困ってはいないのですが、MMSを頻繁に使用する人には不向きかもしれません。ご注意を。

 

GPS

GPSの精度が良くないのは、ドコモの仕様のせいです。

MVNOの格安SIMだとGPS測位が遅くなるケースがある? | TeraDas-テラダス

 

コールドスタートでなければ大丈夫という話なので、キャッシュがあれば問題がありませんが、実際に使ってみてもちょっとおかしい表示がされることがあるので、あまりGPSには期待しないほうが良いです。

 

テザリング

テザリングもドコモのspモードの仕様のせいです。ドコモ系MVNOでも一緒で、SPモードを契約していないとテザリングが使用できない設定になっているため、SoftBankのSIMでも当然使用できないわけです。

これに関しては、root化しなくても対策することができます。

 

smhn.info

 

しかし、SIMカードを挿し直すことでこの設定がリセットされてしまうようなので、差し替えるたびにこの設定をしなおさなければなりません。面倒ですね…。

 

 

5. まとめ

SoftBankiPhone用SIMでドコモ端末を運用しないといけない事情を抱えた人はあまりいないと思うんですが、なんだかんだで使用はできているので参考になれば幸いです。

 

しかし、様々な問題も発生するため、MMSを頻繁に利用する人やプラチナバンドが必要な地域に住んでいる方などは、やめたほうがいいかもしれません。

日本のほとんどのキャリア向けAndroid端末は、キャリア仕様にかなりカスタマイズされているので、仕方がないんですけどね…。auのVoLTE対応端末に関しては、au系MVNOですら使用できない事態になっていますし。