読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリクロ雑記

24歳男性大学院生のブログ

欧州周遊旅でドイツのVodafone.deのSIMがとても役に立った

去年の9月から11月にかけて、欧州に滞在してたんですが、空いた時間を使って、

チェコスロバキアオーストリア、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、イギリスの8カ国を周遊してました。

欧州内を移動するのはそんなに難しくなく、ユーレイルパスやLCCなどを使えば安く移動できて、Airbnbなどの民泊サービスを使えば安く素敵なお部屋に泊まれたりもできます。

 

さて、Airbnbを使ったり、飛行機の予約などをするのには当然ネットが必須なわけですが、僕はドイツのVodafone.deのSIMカードを自分の携帯電話に挿して運用してました。

海外はWi-Fiが使えるというイメージがありますが、ドイツに関してはWi-Fiがあっても基本的に有料もしくは携帯電話回線契約者用のものが多く、旅行者が使えるのは一部に限られていた印象でした。スターバックスなどのカフェは使えることが多いです。

 

 

www.vodafone.de

 

ドイツ語なので読みづらいですが(汗) 9.99€で4週間、1GBのデータ通信と200分の通話(SMS)付きで、EU内のローミングはドイツ国内と同様に4Gとテザリングにも対応。通話も200分の無料通話を使うことが出来ました。

もちろんデータ通信料を追加で購入することができ、1GBで9.99€、2GBで19.99€、4GBで29.99€です。(チャージ金額自体は15€、25€、50€単位なので2GBだけ欲しくても25€を払わなきゃいけない場合もあります)

 

 

 

これみたいなAmazonで売っているイギリスThreeのEUローミングフリーのSIMは、データ専用でイギリス以外は3G/2Gにしか繋げられず、テザリングは不可という難点があります。

速度にさほどこだわらず、テザリングも通話もしないという方にはこれで十分ですが、Airbnbとかを使うと、電話かSMSでやりとりする場面も出てきたりします。

 

現地で買うのが心配な方にはThreeのようなAmazonで取扱しているSIMカードはオススメですが、ちょっと冒険してでも便利に使いたいという方(特にドイツ旅行予定の方)は、Vodafone.deのSIMを試してみてください。

あ、あと、いずれにせよ、SIMロックの解除はお忘れなく。

 

以下、vodafone.deのCallYa SIMの購入場所、セットアップについて

 

続きを読む

気づけば1年経っていた

 最後に更新したのがだいたい2016年1月頃。あの頃は大学院進学を控えていて、実家でのんびりと過ごしていたのであった。

 

そしていまは2017年4月。気づけば大学院で1年過ごし、これから修士研究に向けて本格的に頑張っていく次第。

 

この1年ちょいで色々なことがあって、大学院に進学したこともそうだけれど、進学のために中部地方に引っ越しをし、治安の悪い場所で寮と学校を行き来しながらいろんなことを勉強していた。特に、9月から3ヶ月間、欧州へ留学することは1年前の俺は予想すらしていなくて、作品を作りながらのんびりと自分自身について考えさせられた時間だった。その時に作った作品が、初めて自分でも納得のいくものが出来て、教員間の評価で1位の成績だったことを担当教授から教えてもらってとても嬉しかったり。そして3月には恋人と初めて台北に行ったりもして。なんだかあっという間な1年間だった。

 

俺の学校は日本全国から学生が集まっていて、バックグラウンドも年齢もバラバラで、なかなか個性的な人たちが中部の田舎に閉じ込められるので、それはまぁ色々なことが起こってドロドロもしていたけど、なんだかんだ言いながらも結構気に入っていたり。

 

とまぁ、そんな感じの今日この頃。ブログを思い切って再開したけれど、なんとか毎週更新できたらなと思っている。

このブログと筆者について(2017年4月現在)

どうもこんにちは、ホリクロです。

「そろそろ書かなきゃな~」と思いながら、気づけば1年以上ブログを更新していなかったのであります。

 

「このブログと筆者について」というエントリーは書いてたんですが、いろいろ状況も変わったので、改めて筆者について、ブログの方向性について書きます。今日からボチボチ更新できたらいいんですが…! 頑張ります。

 

・筆者について

名前:ホリクロ
年齢:24歳
性別:男性
職業:映像を研究する大学院修士2年生
在住:中部地方
出身:北東北

 

趣味は広く浅く、旅行、IT、デジモノ、映像、音楽、写真。
セクシュアリティはゲイですが、まぁそんなことは別にどーでもいいよね。

 

・ブログの方向性

このブログは、気になったことをまとめたり、日々の出来事を淡々と綴るだけのブログです(予定)

 

基本的には、自身が気になったものをまとめることをメインとし、

映画や音楽などの感想や、使っている電子機器のレビューなどもしていこうと思います。

日々の出来事などは、「たまに書こうかな」ぐらいにしか思っていませんが、なんだかんだで比率は逆転する気はしています。

 

 

いつまで続くかは分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

2017年4月21日現在

 

思い出の写真はアルバムに保存するだけでいいのかもしれない

Googleフォトを眺めると、時々、あまり思い出したくない思い出の写真や、感傷的にさせる写真などが出てきて少しだけ辛くなる。

 

これまでにHDDがクラッシュして大切なデータを失ったことが二度あって、一部期間の私の写真はこの世に存在していない。そのトラウマもあって、大事な写真はプリントしてアルバムに保存し、バックアップは大事にするようになったが、Googleフォトの容量無制限化により、クラウドにまで保存するようになった。

 

Googleフォトに保存することで、どこでも写真を見られるようになったし、人物やジャンルごとにソートしてくれて、検索も容易になって、「ああ、なんて便利な時代になったんだ!!Google最高!!」と、登場時はとても喜んだが、最低でも月に2回は、Googleフォトによって古傷を抉られている。

 

…そいえば、写真をそんなに残す必要性ってあるんだろうか。

 

フィルムからデジタルに変わり、携帯電話のカメラの高画質化が進んで、SNSも使うようになり、現代の人は写真をたくさん撮るようになった。

ただ「SNSに上げたいから」とか「記念に撮っておこう」というすっごく単純な理由でで写真に残すようになり、楽しい思い出も嫌な思い出も、すべて記録されてしまっている。場のノリでパシャパシャ撮ったりもするわけで、後で振り返ってみるとほとんどが自分にとって価値の無い写真だと気づく。

 

大学生活を始めてから、1年間の思い出深い写真を80枚収納できるフォトアルバムに入れて保存するようにしているが、なんだかんだで大事な写真は80枚で収まりきるもんだ。もちろんアルバムに収めている写真にも、思い出したくない写真というのはあるけども、厳選して自分で選んだので、そこまでダメージは大きくない。

きっと、厳選したアルバムだけ保存していれば、思い出というのも良いように整理され、ほろ苦い思い出も良い思い出も、バランスよく思い出せるようになる気はするし、前向きになれるだろう。自分にとってもそれが向いている気はするし、精神衛生上そっちの方が絶対良いはずだ。

 

それでも、今となってはあまり思い出したくないものに変わってしまった写真のデータなどを消せずにいるのは、「いつかこの写真を良い思い出だったと振り返られるだろう」という希望的観測をしているのか、それとも単にデータが消えることへの恐怖に縛られているんだろうか。

 

 

こういうのって、ある意味現代病なのかもしれない。

SIMロック解除して海外利用できる国内向けAndroid端末を調べてみた(後編)

SIMロック解除して海外利用できる国内向けAndroid端末を調べてみた(前編) - ホリクロ雑記

 

SIMロックを解除して海外利用できる国内向けAndroid端末についてまとめてみました。

 

前編では、主要渡航先のキャリアのLTE/3Gのバンド(周波数帯)をまとめましたが、後編では、各機種の対応バンドについてまとめています。

しかしながら、各キャリアから公表されている情報は基本的に国内キャリアで利用できるバンドのみで、海外での利用を想定されたバンドについては確認するのが難しくなっています。

複数のソースから情報を得て、正確性を高めましたが、サービスモードで利用可能と表示されていたバンドが実は対応していなかったというケースも想定されるので、まずは各キャリアの国際ローミングのページなどで確認することをオススメします。

 

 

続きを読む

SIMロック解除して海外利用できる国内向けAndroid端末を調べてみた(前編)

2015年5月以降に各キャリアから発売された端末は、180日間利用した端末を追加料金無しでSIMロックを解除できるようになりました。

 

SIMロックを解除することで、他社のSIMカードを挿して利用することが可能になり、国内キャリアだけではなく、海外の渡航先でプリペイドSIMなどを購入して使用することができるようになっています。

 

全世界で共通の仕様になっているiPhoneは、対応バンドが広いため、基本的にどこへ持って行っても快適に利用することが可能ですが、キャリアで販売されているAndroid端末は、それぞれ対応バンドが異なります。

 

海外のプリペイドSIMへの注目も高まっているようなので、主要渡航先でサービスインしている3G/LTEバンド、SIMロック解除可能な国内Android端末の対応バンドについて調べてみました。

 

前編では、各国のキャリアの3G, LTEが使用している周波数帯を、後編では、2015年5月から2016年1月までに主要3キャリアから発売された国内向けAndroid 端末の対応している周波数帯についてまとめています。

 

関連:

SIMロック解除して海外利用できる国内向けAndroid端末を調べてみた(後編) - ホリクロ雑記

 

続きを読む

ゲイのカミングアウトについて考える

プロフィールにも書いてあるとおり、私はゲイなんですが、友達が親にカミングアウトしようか悩んでいるのを見て、ふとカミングアウトについての自分の意見を書きたくなりました。

 

 

当然ですが、この世界では異性愛者、ヘテロセクシュアル(以下、ヘテロ)であることが一般的で、それを前提でいろんな話をし、ゲイである僕らはそれをうまく誤魔化しながら話を進めることが大半です。

 

悪く言えば嘘を付いていることにはなるんですが、ゲイが周りにいない人にとっては特異な存在であり、それを気持ち悪いと思われるのも無理はないのが現状なので、そうやって自分の身を守り、関係を平穏に保つ努力をしています。

 

そんな私は、20歳になるまでヘテロの人に自分のセクシュアリティを打ち明けたことはなく、ゲイの人と会ったのも18歳になってからでした。

今は、交流のあるほとんどの友人、父以外の家族に知られていますが、後悔したことはいまのところ全くなく、むしろ良いことが多くありました。

自分の体験談を含めて、カミングアウトをする必要性について書きたいと思います。

 

続きを読む